競艇予想口コミから的中率を挙げる

ボートレースの予想をするにおいて大切にしていること。

まず1つ目は1号艇の扱い方です。

ボートレースは基本どの競艇場であっても1号艇が有利とされています。

それは左回りに回るので、ターンマークに一番近いからです。

ですので外にいけばいくほど不利になるということが予想の前提です。

しかし1着に1号艇ばっかり買っていたらいいのかというわけではありません。

むしろそれをしてしまうと、的中する回数は多くても掛け金よりも少ない配当で返ってくることが多くなります。

それでは意味がありません。

ですので1号艇がどのような時に飛ぶのか、その条件を満たしたレースを中心に買う方が良いのです。

では1号艇が飛ぶ時とはどのようなときでしょうか。

まず、1号艇に乗る選手自体が力不足であることです。

この場合はいくら有利なコースであっても、負けることが多いです。

しかし選手の力不足かどうかはネットや新聞を見ればすぐにわかりますので、オッズが安くなりがちです。

次に2号艇の選手もしくはモーターが良くないということです。

2号艇はカベと言われ、1号艇が逃げる上でとても大切な存在です。

2号艇のモーターが良くなかったり、選手の力が足りずスタートが遅れると、外の艇が攻めやすくなります。

そのため1号艇にとってきつい展開になるのです。

さらに4号艇の選手が強いと1号艇にとっては厳しいレースとなります。

その理由は4号艇から外の艇は助走をつけて走ることができます。

逆に1号艇はダッシュをつけて走ることは出来ませんので、その分外は不利ではありますが加速できるのでスピードは出やすいです。

その4号艇のモーターが良かったり、選手が上手だと、捲りと言って内側の艇を飲み込むように走ることができます。

そうなると内側の艇は走るスペースやスピード自体が出せなくなって負けてしまいます。

これらの点を踏まえて予想を組み立てて、1号艇がなるべくこないだあろうレースをすることが大切だと思います。

その他にも予想の上で大切にしている点は展示タイムというものです。

展示タイムは加速してからの持続スピードのことで、特に3号艇が遅く、4号艇が早い場合は要注意です。

先ほど述べた捲りという展開になりやすく、レースが荒れることが多いです。

そうなるととても良い配当がもらえます。

ボートレースはこのように6艇のみで単純そうに見えますが、とても奥が深いもので、予想も大変なものです。